大腸がんの治療相談ルーム

大腸がんの治療相談ルーム
手術、抗がん剤、放射線、代替治療法・・・大腸がん治療を徹底解説
注目の大腸がん代替療法・フコイダン療法に迫る
フコイダンの抗ガン作用とは?詳しくはこちら
フコイダン療法のメリット 詳しくはこちら
効果的な摂取方法は?詳しくはこちら

大腸がんと診断された方へ

このサイトでは、大腸がん治療に取り組んでいる方に向けて、手術、抗がん剤、放射線、代替療法のそれぞれの治療に関する情報をまとめています。

大腸がんと診断されたら、まず進行度や腫瘍の状態を診察してもらって、そのうえで最適な治療法を選ぶことが大切です。そのためには、事前に各治療のメリット・デメリットについて知っておく必要があります。

大腸がんの主な治療法

大腸がんの治療には、大きく分けて以下の3つの方法があります。

手術

  • 方法 : 開腹(切開)、腹腔鏡、内視鏡
  • 費用 : 内視鏡の場合5~7万円、開腹や腹腔鏡手術の場合40〜60万円ほど
  • リスク : 切開による傷の痛み、癒着、術後の合併症、腸閉塞などの後遺症

進行した大腸がんの代表的な治療法が、手術です。手術を受けることで腫瘍は完全に除去できますが、手術方法によって術後の痛み、回復までの期間、後遺症のリスクも変わってきます。開腹(切開)、腹腔鏡、内視鏡のどの方法で手術を行うのが最適かは、症状の進行具合や腫瘍の大きさによって違ってきます。

抗がん剤治療

  • 方法 : 点滴、内服薬
  • 費用 : 数万円~50万円ほど
  • リスク : 吐き気、下痢、嘔吐、倦怠感、関節痛、脱毛、骨髄毒性などの副作用

抗がん剤治療は、主に手術後に再発を防ぐ場合と、再発や転移の際の治療をする場合の2つの目的で行われています。ガンの進行を抑えるのに最適な治療ですが、その分、副作用のリスクも大きい治療法です。目的や症状の進行具合によって、かかる費用が異なります。

放射線治療

  • 方法 : 放射線の照射
  • 費用 : 1クール6~15万円ほど
  • リスク : 下痢、嘔吐、倦怠感、頻尿、皮膚炎、直腸炎、腹膜炎などの副作用

抗がん剤と同じく、放射線治療も手術と組み合わせることでガンの進行や痛みを和らげるための治療です。ただし、1クールの治療が週5日×4~6週間と、長期間のハードな治療が予想されます。治療による副作用の他、後遺症が残る可能性もあります。

苦痛を和らげながら治療を図る代替療法

現在のがん治療において、上記の治療法は欠かせないものですが、身体への負担や副作用が課題になっています。がんの克服に取り組む患者の多くは、身体的、あるいは精神的な苦痛を伴う生活を強いられるのが実情です。

ガンの代替治療におすすめのフコダイン療法とはそんな中で、患者の痛みやストレスを和らげ、元気な状態に近い生活水準を維持しながら治療を図れると注目されているのが代替治療。伝統的な東洋医学を応用したものや、免疫力を高めるもの、マッサージなどで心身のケアをするものまでさまざまな種類があります。

中でも、手軽に始められるものとして、フコイダン療法(食事療法)が挙げられます。

免疫力の活性効果に優れたフコイダンを摂取することで、ガンの進行を抑えたり、痛みを緩和したり、副作用を抑える効果が期待できるのです。

上記の治療法に比べると費用がかからず、すぐにでも自宅で始められるのもメリット。以下のようなケースに適していると言えます。

  • 高齢で手術などの治療が困難
  • ガンの進行を遅らせたい
  • 抗がん剤治療などの副作用を抑えたい
  • ガン治療中にかかりやすい他の病気を予防したい etc

フコイダンには他にも、コレステロールや血糖値の抑制、肝障害の改善、胃粘膜の保護、アレルギーの緩和といった効果があります。

治療中の健康維持にも、最適の療法と言えます。大腸がんの治療に取り組んでいる方は、QOL(生活の質)を高めるためにも、代替治療についても検討されることをオススメします。

フコイダンを効率よく摂取するには?
【大腸がんの治療に取り組んでいる方へ】 当サイトでは、2014年11月現在のデータをもとに、手術、抗がん剤、放射線、代替療法といった大腸がんの治療法についてまとめています。皆さんの参考になれば、嬉しく思います。
医療技術は日進月歩。もしかしたら今日にも新しい治療法が実用化されるかもしれませんから、インターネットや専門書などで最新の情報も確認してください。
大腸がんの治療相談ルーム